ギャンブルで背負った借金も債務整理できる?

ギャンブルの借金を債務整理

債務整理はギャンブルで作った借金でも大丈夫なのでしょうか。

 

結論から言うと可能です。
債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産があり、ギャンブルで借金を重ねた場合でも、債務整理をすることはできます。

 

 

債務整理には、借金の理由が問われる手続きもありますが、理由が問われない手続きもあり、
任意整理と個人再生であれば、借金の理由は問われません

 

従って、パチンコや競馬などギャンブルが原因の借金であっても、債務整理をすることはできるわけです。

 

 

自己破産の場合、借金の理由が問われる手続きになるので、ギャンブルで作った借金については、債務整理は困難です。

 

基本的にギャンブルで作った借金は、自己破産は認められないようになっているので注意しないといけません。

 

 

もっとも例外として、免責手続きにより、借金の内容や反省の度合いによっては、ギャンブルによる借金でも認められることがないわけではありません。
自己破産する場合、1ヵ月のギャンブル費用が1ヵ月の生活費の3分の1を超えなければ、免責が認められると言われています。
競馬やパチンコなどで作った借金でも免責が認められた判例はいくつもあります。

 

しかし、ギャンブルで背負った借金を債務整理で減らすことができたとしてもギャンブル自体をやめなければ、
また同じ過ちを繰り返してしまうというケースが数多く散見できます。

 

ですので、根本的な解決としてギャンブルに手を出さないほうが良いでしょう。
同じ過ちを繰り返してしまった場合、二度目の債務整理というのはさらに条件が悪くなることもあります

 

実際にギャンブルで背負った借金を債務整理によってどのように減らすことができるのかどうかは
弁護士などへの無料相談をして確認することをオススメします。